コスパ最強育毛剤はどっち?チャップアップとイクオスを徹底比較!

育毛剤戦国時代!

薄毛に悩む男性が増えるのに比例して、育毛剤も様々な製品が現れしのぎを削っています。

中でも2大勢力といえるのがイクオスとチャップアップです。

現在そこにブブカゼロという第三勢力も台頭してきました。

この三つ巴、いったいどこが勝利するのか比較してみましょう。

イクオスとチャップアップ育毛成分比較

育毛剤選びのポイントの一つが、育毛成分の配合数です。

男性の薄毛の原因には様々な要因があって、育毛剤はできるだけ多様な原因に対応する必要があるからです。

チャップアップに配合のは育毛成分70種類

チャップアップには、育毛成分として天然成分55種類+アミノ酸15種類の70種類が配合されています。

一方、イクオスに配合されている育毛成分は61種類です。

イクオスとチャップアップに配合されている多くの成分は共通しています。

特に有効成分のセンブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミンHCIは共通しています。

共通成分が多いならば、育毛成分がイクオスより9種類多いチャップアップのほうが有利といえそうです。

育毛のためには血行をよくする成分が大切

薄毛の原因として、頭皮の血行悪化が考えられます。

頭皮の血行が悪くなると、髪の毛の原料であるアミノ酸や、毛母細胞の分裂を助けるミネラル、ビタミンなどが運ばれにくくなるため、髪の毛がやせ細ってしまいます。

血液の流れをよくすることが期待されるニンジンエキス、ニンニクエキスなどはイクオス、チャップアップ双方に配合されています。

どちらもそれぞれの成分がどれだけ配合されているかまではわからないので、今わかる情報から判断すると血行悪化への対応力は双方同等だと考えられます。

育毛剤にもっとも重要なのがDHT対策成分

男性の薄毛、特に40代以上の薄毛に最も多いのがAGA=男性型脱毛症です。

AGAは、男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素によってDHT=ジヒドロテストステロンという強化型、というより暴走型になって抜け毛を促進してしまうのが原因です。

よって、育毛剤で重要なのがDHTを抑える成分です。

DHT生成への対策成分として、イクオスにはオウゴンエキス、ヒオウギエキス、ビワ葉エキス、ダイズエキス、クララエキスなどの5種類が配合されています。

チャップアップの場合は、イクオスに配合されている5種類からクララエキスを除いた4種類です。

チャップアップには含まれないクララエキスは、DHTが劣化させた頭皮の細胞を活性化させると考えられています。

この重要な働きを持つクララエキスが含まれている点でイクオスのほうが1ポイント高くなります。

抜け毛予防の対応力ではイクオスに軍配!

イクオスにしか配合されていないのが、独自に開発された「アルガス2」という成分です。

アルガス2は海藻由来のM-034とペルベチアカナリクラタエキスを凝縮して組み合わせた成分で、頭皮の細胞が髪の毛を支えて抜けにくくする機能をサポートし、保湿により頭皮環境を良好に保ちます。

M-034はリニューアル前のチャップアップの主成分でした。

現在のチャップアップではM-034は単に「海藻エキス」となっています。

M-034をさらに有効な成分に強化したイクオスと、単なる1成分に降格させたチャップアップ。

抜け毛予防成分ではイクオスのほうに軍配が上がりそうです。

イクオスとチャップアップのサプリ比較

最近の育毛のトレンドは育毛剤+育毛サプリです。

育毛剤は頭皮に直接ふりかけるので局所に成分を集中させられるかわりに、浸透できるのは頭皮に開いている毛穴の底まで。

サプリメントは必ずしも成分が頭皮に集中されるわけではないけれど、育毛剤が浸透できない頭皮の内側に働きかけることができるため、併用するとより有効です。

イクオスにもチャップアップにも育毛サプリが出ています。

配合される成分の種類ではイクオスが圧勝

育毛剤と同様、育毛サプリも様々な原因に対応するため、そして体自体が育毛しやすい状態にするために多くの成分が要求されます。

配合されている成分は、チャップアップサプリメント37種類に対してイクオスサプリEXが46種類。

育毛剤とは逆にイクオスサプリのほうが9種類多いです。

チャップアップサプリメントになく、イクオスサプリEXに入っている成分の大部分はアミノ酸です。

イクオスサプリEXには、髪の毛だけではなく体全体の健康を維持するために欠かせない必須アミノ酸が9種類すべて配合され、それ自体豊富なアミノ酸を含むミレットエキスも入っています。

育毛サプリ必須の成分ノコギリヤシエキス

チャップアップサプリメントにもイクオスサプリEXにも共通して配合されている主要成分がノコギリヤシエキスです。

ノコギリヤシエキスは、アメリカで行われた実験において、2年間の摂取でAGA患者の38%が改善したという結果が出ている成分です。

これはAGA治療薬プロペシアの68%には及ばない数字ではあるとはいえ、ノコギリヤシにはプロペシアにある副作用がないという長所もあります。

フィナステリドにはED(勃起不全)や性機能障害などの副作用が知られていますから、性能が多少落ちるとしても副作用がないノコギリヤシのほうが安心して使えます。

チャップアップサプリメントは成分量不明

チャップアップサプリメントはイクオスサプリEXより配合成分の種類は少ないとはいえ、ノコギリヤシや亜鉛など主な育毛成分は共通しています。

ただし、イクオスサプリEXが主要な成分の配合量を明記しているのに対して、チャップアップサプリはそれぞれの成分がどれだけ配合されているかは非公開です。

サプリメントは分類上は医薬品ではないので、配合している成分の量まで表示する必要はありません。

だからチャップアップサプリメントが何か違法なことをしているわけではないです。

とはいっても、配合成分がどれだけ入っているかわかるかどうかで信頼性は違ってきます。

極端な話ノコギリヤシが1mg程度しか入っていなくても配合していると言うことはできます。

イクオスサプリEXの場合、ノコギリヤシは300mg、亜鉛は12mgなど1日の目安量に含まれる成分の量をきちんと表示しています。

総合的に考えて、チャップアップサプリメントよりもイクオスサプリEXのほうが内容が充実しているとともに信頼性も高いと言えます。

ブブカゼロは他の育毛剤に追い付ける?

ここで、チャップアップ、イクオスの隙を狙う第三勢力「ブブカゼロ」についても見てみましょう。

ブブカゼロの前身ブブカは頻繁にリニューアルを繰り返しており、昨年は6代目ブブカ「ブブカゼロ」が発売されました。

ブブカゼロは業界最多の成分92種類を配合

5度目のリニューアルにより誕生したブブカゼロに配合されている育毛成分は92種類です。

イクオスの61種類、チャップアップの70種類をはるかに上回っています。

ただし、イクオスに配合されている5種類の対DHT成分のうち、ブブカゼロに含まれているのはオウゴンエキス、ビワ葉エキス、ダイズエキスの3種類のみ。

DHTへの対応力ではイクオスに劣ると思われます。

ブブカゼロの売りは海藻由来のM-034を従来品の10倍配合しているという点。

でも配合量は不明なので本当に10倍になっているのか、現状どのぐらいの量になったのかまったくわかりません。

それにこういうものは10倍増やしたからその分効果も高まるとは限りません。

むしろM-034を凝縮して強化したイクオスの主成分「アルガス2」のほうが期待値は高くなります。

ブブカサプリメントはリニューアルで劣化

ブブカのサプリメントもブブカサプリメント・ザ・エンザイムとしてリニューアルしました。

こちらはそれまで配合されていたノコギリヤシをなくし、代わりに数種類の酵素を配合しています。エンザイムは酵素という意味です。

新しいブブカサプリには消化酵素や乳酸菌などが配合されています。

これは胃腸の機能を健康に保ち、消化能力をサポートするには有効です。

でも育毛サプリとしては明らかにリニューアル前より劣化したと言わなければなりません。

次のリニューアルでまた変わるかもしれませんが、今のところブブカはイクオスやチャップアップにはかなわないです。

イクオスとチャップアップの価格を比較

最後に気になる価格の比較です。

比べてみればイクオスのほうが若干優秀だとはいっても、チャップアップも決して悪い育毛剤ではありません。

価格的にチャップアップのほうが安ければ、チャップアップも選択肢に入ります。

育毛剤は長く使って効果を実感できるもの

育毛剤って本当に効果があるのかな?と思っている人もいると思います。

ネットには実際に使ってみたけれど効果がなかったという口コミも多いので、そういうのを見ると不安になることでしょう。

でも、効果がなかったという口コミのうち8割~9割は1ヶ月程度しか使っていないものです。中には1週間程度しか使わずに効果がないと言っているものもあります。

育毛剤の効果を実感できるのは、早くても3ヶ月後、平均すると半年後ほどになります。

これは、育毛のためにはまず薄毛に至る抜け毛の原因を排除していかねばならないからです。

抜けにくくなる頭皮の状態を作れなければ、生えるものも生えません。

そのための期間が3ヶ月から半年です。

長期使用のためには定期コースがおすすめ

長く使い続けるのが前提の育毛剤は、やはり経済的負担が気になります。

そこで各育毛剤には1ヶ月に1回ペースで商品を送ってくれる定期コース(定期便)が用意されています。

定期コースにすると価格的には割引になることが多いので、本気で育毛にとりくむなら定期コースを選ぶのが一般的です。

どんな育毛剤も1本だけ試しに買って使っても効果が実感できることはまずないので、定期コースをおすすめします。

価格を比べるとイクオスのほうが安くなる

ここで、イクオスとチャップアップの価格を比較してみます。

チャップアップ イクオス
単品 7,400円 9,698円
定期コース 7,400円 6,458円
育毛剤+サプリ定期コース 9,090円 7,538円

チャップアップの単品価格は、以前は定期コースの倍ぐらいしましたが、現在は値下げして定期コースと同じ値段になっています(ただし単品購入だと送料660円)。そのため単品だとチャップアップのほうが安いです。

ところが定期コースになるとイクオスのほうが格段に安くなります。

さらにサプリとのセットだと、イクオスは育毛剤単独の定期コースに1,000円ほど足すだけで利用できます。

ブブカゼロはサプリとの抱き合わせで割高

ここで参考として一応ブブカゼロの価格も出しておきます。

ブブカゼロの単品価格は16,200円です。

定期コースは育毛剤とサプリのセットのみで、初回は5,980円にシャンプーが無料でつきます。

しかし、2回め以降は11,664円。

サプリが優秀ならそれでもいいかもしれない。でも、ブブカサプリは育毛効果がほとんど望めません。

それなのに強制抱き合わせ販売では使う気にならないです。

育毛剤やサプリの機能的にも、価格的にも、ブブカゼロに見るべきところはありません。

コスパ最強の育毛剤はイクオスに決定!

育毛剤のイクオスはチャップアップ、ブブカゼロと比べると配合成分自体は少なめです。

でも機能面で見るとイクオスのほうが優秀な部分が多いです。

育毛サプリでは明らかにイクオスサプリEXが飛び抜けて優秀です。

そして、定期コース価格はイクオスが最も安い。

こうしてみるとコスパ最強なのはイクオスだと断言できます。

イクオス定期コースの申し込みは公式サイトからできますよ。